コピー機のリース契約を利用してコスト削減|安く利用するためのコツ

ウーマン

利用するためのメリット

インク

コピー機のリースでメリットがあります

個人や法人を問わず、事務所にはコピー機が不可欠です。大きな事業所でも、個人やグループ単位でコピー機を設置すると作業の効率が高まります。コピー機の導入ですが、直接買い取る方法とリースで導入する方法があります。総支払額が高くなるというイメージがあるため、リースを避ける方がいらっしゃいますが、支払額以外にメリットがあります。1つは、初期投資が不要なことです。毎月一定の費用で使用することができます。2つ目は、支払額を全額費用に計上することができることです。費用の算入により、支払う税金が減ることになります。3つ目は機器の管理が楽になることです。自社の資産ではないため、資産台帳への記載が不要です。消耗品などと同様の扱いが可能になります。

新しいサービスや上手な利用法

コピー機リースの新しいサービスとして、安く利用する方法が2種類あります。1つは残価を置いたリースです。コピー機のリース期間終了後、機器はリース会社が回収し、中古市場で売却します。その売却価格を月々の支払いに織り込むことで、総支払額を下げることができます。もう1つは、中古のコピー機の利用です。オフィス機器の中古品や、メーカーが保有している型落ち品や展示用として使っていた製品を導入することで月々のリース料を下げることができます。また、メーカーより買取をして導入したコピー機をリース会社に売却し、改めてリースを組むことも可能です。コピー機は日々新しい商品が開発されており、入れ替え頻度は高くなっています。上手にリースを使い、自社に最適なコピー機を導入することができます。

選ぶためのポイント

コピー機

複合機といっても、様々な種類が販売されており、ものによっても価格が違ってきます。そのため、購入する前にきちんと価格について知っておくとよいでしょう。また、費用を安く抑えたい場合は、中古がおすすめです。

Read

お得な価格で利用

色見本

企業においては、コピー機は業務に必要不可欠です。しかし、コピー機を購入するにも高価なものばかりであるため、簡単には購入できません。安い価格で手に入れたいとするならリースを利用するとよいでしょう。

Read

経費に関わる事

印刷機

会社では至る箇所で経費がかかっているのは当たり前です。そのため経費の金額は高くあるため何かしら経費にかかる金額を下げていきたいと思う方に向いているのがリサイクルトナーです。

Read